アフターピルは飲み忘れないように注意!

カプセルを口に入れる女性

アフターピルは服用することによって望まない妊娠を避けられる薬です。
性行為中にコンドームが破れて避妊に失敗した時や、強姦にあった場合などに活用されます。
コンドームとは異なり、アフターピルは性行為後に服用することによって避妊効果を得るための薬です。
身体にかかる負担も大きいため常用するものではありません。
すでに妊娠中である場合にはアフターピルを服用しても意味はないため注意が必要です。

アフターピルは飲み忘れないようにしなければなりません。
アフターピルを飲み忘れてしまうと、十分に有効成分を得ることができず避妊効果を得ることができない可能性があります。
例えば、昔から緊急避妊薬として使われてきたプラノバール錠は性行為後72時間以内に2錠服用して、さらに12時間後にもまた2錠と、2回にわたって服用することが必要であるため飲み忘れが起こりがちです。
飲み忘れてしまうと十分な避妊効果を得ることができず妊娠してしまう可能性が高くなります。

アフターピルは性行為後できるだけ早い時間に服用した方が緊急避妊薬として避妊が成功する確率は高くなります。
同じくアフターピルとして使われているノルレボやノルレボのジェネリック医薬品であるアイピルであれば、性行為後72時間以内に1回(ノルレボは2錠、アイピルは1錠)服用するだけで高い確率で避妊を可能とするため安心です。
ただし、ノルレボやアイピルにはその分有効成分である女性ホルモンが多く含まれており、身体に大きな負担をかけるため副作用が強く出る可能性があります。

アフターピルには副作用があります。代表的な副作用が吐き気と嘔吐です。
アフターピルを服用した後3時間以内に嘔吐してしまった場合には、アフターピルの有効成分が身体の中に十分吸収されていない可能性があります。
有効成分が身体の中に十分吸収されていないと妊娠してしまう可能性が高くなるため注意が必要です。その場合にはもう一度ピルを服用しなければなりまえん。
嘔吐してしまったとしても、十分にアフターピルの有効成分が吸収されていれば問題ありません。
服用からおよそ3時間を目安としておくと良いでしょう。

アフターピルの代表、アイピルとは

アフターピルの中でも代表的なものと言えばアイピルです。
アイピルはコンドームによる避妊に失敗した時や、強姦された場合に望まない妊娠を避けることを目的として服用する緊急避妊薬です。
世界的に安全性が認められているノルレボのジェネリック医薬品であるため、アイピルも極めて安全性が高く、避妊効果も高いと言われています。

ノルレボと同様に、アイピルには黄体ホルモンとの一種であるレボノルゲストレルが使われています。
このレボノルゲストレルが身体の中に吸収され、血中の濃度が高くなると脳が妊娠したと勘違いしてホルモンの分泌を抑制します。
脳からのホルモンの分泌が抑制されれば、子宮頸管の粘膜の質が変化し精子が子宮を進みにくくなるだけではなく、排卵が抑制されるため排卵が起こらなくなります。
排卵が起こらなければ妊娠は成立しません。

さらに、精子と卵子が受精して受精卵となっても着床しなければ妊娠しませんが、レボノルゲストレルの効果で子宮内膜が厚くならないことから受精卵が着床しにくくなります。
これらの効果が相まってアイピルは避妊効果を発揮します。

アイピルは一般的に病院では処方されない薬です。しかし、通販で購入することができます。
通販で購入すれば非常に安くアイピルを購入できて便利です。
アフターピルは性行為後ピルを服用するまでにかかった時間が短ければ短いほど避妊の成功率が高くなります。
72時間以内に服用しないと避妊に成功する確率が下がってしまいます。
72時間以内という時間に間に合わないことがないよう、通販であればアイピルを事前に購入しておくことができます。

万が一に備えた常備薬として活用できて便利です。時間に間に合わないと妊娠してしまう可能性が高くなります。
妊娠が成立した後や妊娠中に服用しても効果は得られないため注意が必要です。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索