アフターピルを吐き出してしまったら?

アフターピルを吐き出すとその避妊のために有効な成分が十分に身体の中に吸収されていない場合があります。
ただし、アフターピルは他のピルよりも強い副作用が出る可能性があります。
特にアフターピルの代表的な副作用としては吐き気があり、症状が強く出る可能性も他のピルと比較して高いです。
吐き気が出てアフターピルを吐き出すと有効成分が充分に吸収されず、充分な効果を得ることができない可能性があるため注意が必要となります。

アフターピルには黄体ホルモンと卵胞ホルモンという女性ホルモンが含まれており、これを服用することで血中の女性ホルモン量を増加させることができます。
血中の女性ホルモン量を増加した状態になると、脳が妊娠した状態にあると勘違いして脳からのホルモンの分泌が抑制されるようになります。
脳からのホルモンの分泌が抑制されるようになることで排卵が起こらなくなるだけではなく、子宮内膜が厚くなり、子宮頸管粘液が変化して妊娠しにくくなります。
これがアフターピルの効果です。

アフターピルを服用してからその成分が十分に血中に吸収されるまでの時間はおよそ3時間程度かかります。
3時間経過する前にアフターピルを吐き出してしまった場合は妊娠してしまう可能性があるため注意が必要です。
3時間以内に吐き出すようなことが合った場合、再度アフターピルを服用しなければなりません。

3時間以上経過してから嘔吐してしまった場合には、再度錠剤を服用する必要はありません。
アフターピルは身体に大きな負担をかけてしまうため、必要以上に錠剤を服用すると身体に大きな負担をかけてしまう可能性があります。
アフターピルを服用してからの時間の経過によってきちんと判断できるようにしておくことが大切です。
アフターピルは避妊に失敗したことに気づいてからできるだけ早く服用した方が避妊の確率は高くなります。
そのため、吐き出してしまった場合でもできるだけ早くアフターピルを再度服用することが望ましいです。

薬に頼らない避妊方法

薬には頼らない避妊方法としてはコンドームによる避妊が最も一般的です。
コンドームを男性器に挿入するだけで避妊ができるため避妊方法としては簡単であり、最も広く行われている避妊方法と言えます。
コンドームの購入のために必要となる金額も非常に安価であるため費用負担も少なくて済みます。
性感染症の予防にも有効的です。
ただし、ピルなどの薬をつかった避妊方法と比べて避妊確率が低く、妊娠してしまう可能性も上がってしまうため注意が必要です。

薬に頼らない避妊方法にはコンドーム以外の方法もあります。その代表的な方法には、子宮内避妊器具と避妊手術があります。
子宮内避妊器具を使った避妊方法では、避妊目的で子宮内に小さな器具を留置します。
女性の子宮内に避妊具を留置することで受精卵の着床を防ぎます。

子宮内避妊器具にも様々な種類があるため、自分に合ったものを使うことが大切です。
子宮内避妊器具は病院で処置をしてもらう必要がありますが、避妊に成功する可能性が非常に高く、安全性も高いです。
一度器具を子宮内に留置しておけば数年間その効果は持続します。医療機関で子宮内避妊器具を取り除けば妊娠は可能となります。
身体にかかる負担もアフターピルと比較して少ないので安心です。ただし、性感染症を予防することはできない点には留意が必要です。

薬に頼らない避妊方法の中で、子宮内避妊器具以外の方法としては避妊手術があります。
日本において実施可能な避妊手術は、男性では精管結紮術、女性では卵管結紮術だけです。
避妊効果は非常に高く、一度手術を行えば効果はずっと続きます。

ただし、妊娠したくなった時にもとに戻せない可能性がありますし、身体に大きな負担をかける手術が必要となるため注意が必要です。
他の避妊方法とくらべても手術費用が必要となるため、その金額も多額となります。
安全性も他の方法と比べて確立されているわけではありません。この点を十分に理解しておくことが大切です。

関連記事