ピルを購入したい!さてどうする?

薬を飲んでいる女性

ピルを購入したいと思ったら、まずは病院に行く必要があります。
日本では、ドラッグストアなどにおいて処方箋なしでピルを買うことはできません。
そのため、病院で処方箋をもらってからドラッグストア等で購入する必要があります。
病院では、きちんと問診や検査などを行った後、ピルの服用の仕方などについて詳しく説明してくれるので安心です。

ピルの服用に慣れていない人でも安心して服用を開始できます。これがピルを病院で買う際のメリットと言えます。
ピルの服用に伴う副作用が出たとしても、病院処方であれば先生や薬剤師に相談しやすいこともメリットと言えます。
定期検査などを行ってくれる病院もあり、継続して服用しやすいこともメリットです。

しかし、病院処方の場合には費用負担が大きくなってしまうというデメリットがあります。
ピルそのものの費用だけではなく、検査費や診察費なども必要です。
月経困難症などの治療目的で処方される場合には保険が適用されますが、避妊目的で処方される場合には自由診療となります。
自由診療であるため、薬の値段は医療機関によって異なるため注意が必要です。費用は100%自己負担となります。
病院に実際に行ってみてからでないと、どれくらいの費用が必要となるのかがわからないことも多いため、心配な場合は病院に問い合わせてみなければなりません。

さらに、病院でピルを処方してもらう場合、通販などで個人輸入する場合と比べてピルの種類は限られてしまいます。
どの病院でどのような種類のものを買うことができるかについては実際に問い合わせてみないとわかりません。
病院によって処方されるピルの種類も値段も異なるため、欲しいピルがある場合には自分でそのピルが処方可能な病院を探す必要があります。
日本では販売されていない種類もあるので、そのようなピルを購入したい場合には病院処方で手に入れることはできません。
この点が病院で処方してもらう際のデメリットと言えます。

安く購入するなら、やはり個人輸入

ピルを病院で処方してもらうと高くつくことがあります。
ピルは継続的に服用しないと意味がないため、費用の負担はできるだけ軽減しないものです。
できるだけピルを安く購入するのなら個人輸入での購入がおすすめです。個人輸入で購入すれば非常に安くピルを購入できます。
個人輸入サイトではピルのまとめ買いもできるのでさらに安くピルを買うことができて便利です。

通常、病院では必要最低限のピルの処方しか行われません。
しかし、個人輸入であれば必要な分だけ好きなように買うことができるというメリットがあります。
まとめて買う量が多ければ多いほど割引率も高くなります。
個人輸入であれば日本の病院では処方されていないものも買うことができますし、海外でしか流通していないものも購入可能です。
日本では、病院で処方箋をもらってドラッグストア等で薬を処方してもらわなければなりませんが、通販であれば処方箋も要らないので手間がかからないこともメリットです。

ただし、個人輸入で買う場合でも気をつけたいことがあります。
個人輸入の場合、海外から購入することとなるため、説明書きなどはすべて英語です。
購入サイトそのものが英語の場合もあるため、英語が読める必要があります。

病院処方の場合、偽物を心配する必要はありませんが、海外には悪徳な業者も存在しているため、偽物を販売される場合や、商品が届かないといったトラブルに巻き込まれることもあります。
あまりに安い価格で販売されている場合、偽物であったり、正規品ではない可能性が高くなります。
すべて自己責任となるため注意しての購入が大切です。
このようなデメリットがあることをきちんと理解した上で個人輸入を利用しなければなりません。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索