失った乳房を取り戻す、乳房再建

乳がんの治療では腫瘍の悪性度や大きさ・リンパ節転移のリスクなどによっては乳房全部を手術で切除する場合があります。
しかし心理的喪失感や、パッドをその都度いれる手間などの負担が大きいことから、乳房再建手術を受ける方が増えています。
乳房再建とは、乳がんの切除により変形をきたしたり、乳房を喪失した場合に、出来る限り手術前の見た目を取り戻す手術を意味します。
主に自分の別の部位の脂肪を切除部位に自家組織として移植する自家移植と、シリコンインプラントなどの人工乳房を留置する手術の2つが行われています。

ところで乳房再建を検討するに当たっては、術式の選択を考える前に、手術のタイミングをいつに合わせるのかの問題があります。
乳房切除終了後、そのまま乳房再建まで一回で済ませてしまう一次再建があります。
もうひとつの方法は、乳房切除手術後、しばらく期間を置いて乳房再建を行う二次再建です。
それぞれのタイミングには利点と欠点があるので、それらの事情を踏まえいつのタイミングにするのか、を選択する必要があります。

一次再建は一度の手術で、乳がん切除と再建まで完了させることが出来るので、手術回数を減らすことが出来るだけでなく、乳房を喪失感を味わうことなく治療に取組むことができますが、手術時間が長くなり入院期間も長くなるなどの欠点も持っています。
他方で二次再建は再建法のそれぞれの利点と欠点を比較対照して、納得して手術に臨むまでに十分な時間を確保できます。
乳房の喪失感を味わうことになり、手術回数も1回増えることになるのです。

実際に乳房再建を行う場合、一次再建を選択する方が多いようです。
特に手術前後を通じて、乳房の見た目が殆ど変わらないことから、後の治療にも積極的に取組むことが出来るなどのメリットがあることも大きいと言えます。
しかし乳がん手術当初は術後の再建など考えていなかった場合でも、人目を気にせず温泉などのレジャーを楽しむために、二次再建を希望する方もいるようです。

自家組織と人工乳房

自家組織による乳房再建とシリコンパックなどの人工乳房を留置する乳房再建、それぞれの利点や欠点は何処にあるのでしょうか。
乳房再建のタイミングが決まったら、それぞれの手術法の特徴を把握しながら考えて見ましょう。

自家組織による場合には、背中の組織や腹部の組織を採取して、欠損した部分に移植することになります。
自家組織を利用するので自然な見た目を取り戻すことができ、審美的に優れています。
なお背中と腹部の、どちらの部位が適しているのかは、再建する乳房のサイズに左右されます。

仮に乳房が豊かな場合には脂肪組織が豊富な腹部から採取することになるわけです。
この手術では採取部位の血流を維持して自家組織を移植する必要がある為、顕微鏡下で胸部の血管と皮弁の血管をつなぎあわせる必要に迫られることもあり、高度な技術と先進的な機器も必要になります。
そのため実施している施設は、一部の先端的研究が活発な医療施設などに限られています。

シリコンインプラントでは、予めインプラントを収めるスペースを形成するため、組織拡張機(ティッシュエキスパンダー)を留置して、皮膚を伸長させる必要があります。
そこでまずティッシュエキスパンダーを留置するための手術を行って、2-3週間に1回のペースで生理食塩水をティッシュエキスパンダーに注入して、しばらく皮膚を伸長させる期間を置かなくてはなりません。
3-6ヶ月ほど経過後、十分に皮膚が伸長したと判断されれば、ティッシュエキスパンダーを取り出し、シリコンインプラントに置き換えます。

かつて美容整形ではシリコンが漏れ出し、アレルギー症状が問題とされましたが、研究の結果、粘度が高く安全性の高いシリコンが利用されるようになっています。
但し自然な見た目を達成するのは困難で、凹みが残ることもあります。
そのようなときには別の部位から脂肪を採取し、凹みに脂肪注入を行うことで対処することもあるようです。

関連記事