女性の更年期障害には何が良い?

閉経にともない女性の50歳前後に多く見られるのが更年期障害です。
この症状は自律神経の乱れによっても生じる症状にもよく似ている事から、30歳前後にも若年性更年期障害という言葉が出てくるようになりました。

症状として、多汗、顔のほてりやのぼせ、ホットフラッシュ、動機などの息切れ、骨粗鬆症、膣の乾燥などがあげられます。
しかし若年性更年期障害であれば、ストレスが要因でもあるため、異常なおりものが出て来る事があります。
そして、イライラや不安感、不眠など人によって様々です。

女性にとって生理はつきものです。
しかし毎回女性ホルモンの影響で体調が悪くなると、心も体も不調になりがちです。
このような場合、手軽な解決方法としては、栄養バランスの整った食生活の改善、規則正しい8時間の睡眠、ゆっくりとしたぬるめのお風呂に浸かって体を温めてあげることなどが挙げられます。

その他には、栄養補給の補助として「サプリメント」「漢方」に頼ってみるのも良い方法です。
また症状が辛い場合は、かかりつけのクリニックを見つけて医師に相談し、正しい薬を処方してもらう事も大事です。
さらに体に負担が少なく副作用のない漢方を処方してもらうのも良いでしょう。
漢方は普通のクリニックなどでも処方してもらう事ができますが、煎じ茶であればその人に合ったオーダーメイドの漢方処方してもらう事ができます。

また意識して豆類を食生活に取り入れるという方法もあります。
豆類には女性ホルモンに似た作用のある「大豆イソフラボン」があります。納豆や豆乳などは手軽に摂取できる食材です。
また豆乳鍋にすれば、多くの野菜なお肉など、栄養バランスの整った食事をする事ができるため一石二鳥です。

その他には、何よりもストレスを溜め込まない事です。
今はストレス社会ではありますが、生活習慣を見直したりストレスを上手に発散をすることが大切です。
例えば趣味を見つけたり、旅行で気分を切り替えたり、あるいは「恋」をする事でも女性ホルモンバランスは改善されるため、これらを踏まえるといろんな対策方法があります。

クリマラで女性ホルモンの補充

更年期障害は決して治らない物ではなく、しっかり治療さえ行えば改善されて行きます。
また保険も適用されるので安心して、暗いトンネルから解放されることができるでしょう。
その重要なキーワードは「ホルモンの治療」です。ホルモンバランスさえ整えば、辛い重い気持ちから軽い気持ちに変わってきます。

クリマラはホルモンであるエストロゲンを皮膚から補充させる貼り付け薬です。
張り付けるだけなのでとても簡単で、いわゆる皮膚から吸収タイプなので手軽に誰でもできます。
特にエストロゲンはお肌や髪の艶、体型など女性らしい身体をつくるために必要不可欠のホルモンです。

服用薬とは違い、吐き気などのような副作用はほとんどなく、貼るだけの習慣さえ身に付けば生活に特に支障がないのがメリットです。
そして1枚だけでおよそ7日間効果が持続できるため経済的にも良く、長期的に使用するには安心です。

女性ホルモンは加齢が重なるたびに減少して、年齢を重ねるごとに症状が重くなるというのが特徴です。
その重い症状を進行させないように対策をするなら、早いうちから手を打つことが重要です。
クリマラでエストロゲンを補充することで、更年期障害を改善緩和していきましょう。

また若い女性に多い若年性更年期障害の場合、症状として精神的疾患、胃腸障害による便秘、おりものの異常による性交痛などがあると言われています。
軽い症状であることが多いですが、若いうちからホルモンバランスを整えておくことで、不妊の原因を取り除く事ができたり、出産後のダイエットの助けにもなったり、いつまでも若々しさを維持することができます。

また注意点として、症状が改善されたらなるべく使用を控えるようにしましょう。
ホルモンを補充しすぎると血栓や吐き気などが強く出る場合があります。

関連記事